診療案内

診療について

歯は大変重要なお身体の一部です。歯をしっかり保てば三大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)の予防の一助になるということが医学的に立証されています。また、よく噛めることは脳への血流をアップさせ唾液やホルモンの分泌も促します。

全身の健康へとつながる大切な臓器として、日ごろのご自身のお手入れとプロフェッショナルケアーを大切にしましょう。

当院はすべての歯科治療に対応しておりますので何でもご相談ください。

[歯を支える土台こそが最重要!]  歯周病治療

よく咬めるためには土台である歯ぐきが丈夫であることが大切です。

人間の身体はしっかりケアを施せば回復します。今、歯ぐきに不安を抱えておられる方、ぜひご相談ください。

ご自身の歯周ポケットの深さは現在どのくらいかおわかりでしょうか?


歯周病は無痛に進行することも多く、気づいたときにはもう歯を抜くしか手立てがなくなるような場合もあります。

しかしそれは検査とケアーで防ぐことが可能ですので、定期的な検診をお勧めしています。

当院では、そのかたそのかたの状態により、歯周ポケットの検査~歯石の除去~歯周ポケット再検査~歯周ポケット内部清掃~歯周ポケット再検査~フラップオペのフローチャートのもと、どの段階の歯周病におきましてもしっかりと対応いたします。

[心も身体も元気になります]  審美歯科

絶対的にお身体にとって安全であるもの、そしてその美しさを長く保てるものを。

当院は皆様の生活習慣やコンディションによって数ある治療法の中から最適と思われるものをいくつか選択しご提案させていただいております。

歯科の保険治療というものは、痛みがあれば痛まないようにする、歯がなくなれば入れ歯を入れて咬めるようにする、という最低限の手段になります。例えば虫歯の場合は、銀歯かプラスチックの詰め物という選択肢になります。銀歯は金属イオンの体内流出の恐れがありますし、プラスチックは耐久性が無く変色性があり汚れや菌の付着も起こりやすいです。

それらの面から、おからだに安全でかつ歯を長く良い状態に保つには、自費診療が断然良いです。

歯科医師のほとんどが、自身やご家族が治療が必要になった場合、自費診療を選択します。できるだけ安価に治療を済ませたいと思うお気持ちは重々承知しています。しかし長い目や幅広い視野で考えた場合、その歯やお身体への影響が今後どのような経過を辿るかが予想でき、保険治療が最善策ですとは胸を張って言えないのが現状です。皆様を親身に考えれば考えるほど安全で長持ちしおからだに安全な根拠があります自費診療をおすすめさせていただいております。

歯の治療に使用する材質は、近年大きく変化してきています。お身体に良いものが多数登場してきたためです。


お口の健康は全身の健康につながりますし、きれいな歯は心まで明るくなります。


ご自身の健康を考慮し、金属イオン流出を及ぼす可能性のある銀歯からノンメタルのお身体にやさしい材質に交換を希望される方々が、最近非常に多くなってきておりますが、当院では綺麗でお身体に良いものを多数取り揃えています。


その交換治療は無痛診療で容易です。

材質や大きさにより費用は異なります。ご予算やご希望に応じ最適のプランをご提案いたしますのでお気軽にご相談ください

[歯を傷めない]  ポリリン酸プラチナホワイトニング

多数あるホワイトニングシステムの中、歯をまったく傷めないものをと、最新のコーティング方式のものを当院では採用しています。

この方式は歯が白く輝くだけでなく虫歯予防効果も強く健康的です。

一回1万円。

[最強の虫歯予防として新登場!] ハイドロキシアパタイトコーティング

『芸能人は歯が命』という歯磨き粉のCMを覚えていますか? 

歯の表面のエナメル質という部分はハイドロキシアパタイトでできています。あの歯磨き粉にも含有していますが、ハイドロキシアパタイトというものは歯の表面の細かな傷を修復・強化し、予防効果も高めるものです。

そのハイドロキシアパタイトを、ウルトラナノアパタイトという超微粒子にして歯と同化させやすくしたものを直接歯にコーティングする世界初のシステムが昨年開発され、当院でいち早く導入しています。

唾液やフッ素が歯を修復する良い作用を再石灰化といいますが、このシステムははるかその上をいく「強石灰化」。

歯のツヤ感と明度が高まる上、非常に大きな虫歯予防効果をもたらします。



[金属ワイヤーを使わない!]  マウスピース矯正

透明でうすいマウスピース(0.76mm)を、

2週間ごとに交換しながら歯を動かしていきます。

お食事の時や歯磨きの時に外せて衛生的です。


金属のワイヤーは使用しません。





【当院の最新3Dデジタル分析システム】

最先端の3Dデジタル方式ですので、現状、途中、終了時など経時的な変化をあらゆる方面から3D画像で確認できます。

ご自身がどの時期にどのような状態か明瞭に把握することができるため、非常にモチベーションが上がります。






左の3D画像は上が矯正治療前。



下が半年後の矯正治療後。

大変きれいに治ります。




マウスピース矯正を成功させる秘訣は、

1.精密な分析のもと、しっかりしたプランニングが出来ていること

2、その分析データに沿って、歯科医師がしっかりと状況を判断し、進めていけていること

3、マウスピースの材質が高品質のものを使用していること

4、治療を受ける側の人は、毎日必要時間キッチリとマウスピースを装着していること

であると、私は考えています。




当院使用のマウスピースは、“高性能”3層構造のクリアクウォーツ

マウスピース矯正のためのマウスピースの材質は、世の中に多数存在しています。

しっかりとプログラム通りに歯を動かすには、高品質の材質を使っていることが重要です。

着用中、マウスピースが割れてきたりすると、矯正力が逃げてしまいプログラム通りに歯を動かせなくなってしまいます。

当院採用の材質『クリアクオーツ』は、3重構造で適度なしなやかさがあるにもかかわらず強固で耐久性に優れています。

また、カットラインが他社と比べて深いためしっかりした力を長時間効かせることが可能で、装着中の痛みも非常に出にくいです。




まずはご自身の歯の状態がどのような状態にあり、どのように変化させて治していくか、機関と費用はどのくらいかかるのかをお調べする検査が必要です。

検査費用は、分析のための歯型をおとりする料金・レントゲン撮影料・歯だけでなく顔全体や口元の状態をお調べする写真撮影料、総額で5500円(税込み)です。

実際の矯正料金や治療期間がその分析検査により算出されます。

程度により異なりますのでまずは分析検査でお調べしましょう!



歯ならびを良くすることは、見栄えを良くするだけでなく噛み合わせの細部まで整えお身体の機能を安定させますので、大変健康的な治療です。


   







   【ご案内】 このマウスピース矯正に関して併設のHPでも詳しくご説明しております。







噛み合わせを良くすることは、歯のならびが良くなるだけでなく、噛むことにより脳を経由して全身へと送られる信号が正常化するため、体幹の安定に限らず内臓機能からメンタルまで心身ともにお身体全体の機能が高まります。また顎位が暗影するため不意のケガの防止にもつながります。
多くのオリンピック競技トップ選手の皆様が、当院のマウスピース矯正でそれを実感してくださっています。

歯を失ったままのかた、またはすごく悪い状態のままお使いのかたへ

歯が無いまま、もしくは歯がすごく悪いままで、日々のお食事が憂鬱に感じてしまっておられないでしょうか?


こんな思い出はございませんか?

今日の晩御飯はなんだろうな?家族で囲む団らんの場である夕食が楽しみで思わず想像して笑みがこぼれた。


歯が無かったりすごく悪かったりだとすごく不安になりますよね。

失った歯を取り戻し、しっかりと咬めるようになった時の美味しいお食事には、家族の楽しい団らんと明日への活力が生まれます。


歯を入れるには、ブリッジ、インプラント、入れ歯という手法がございます。

それぞれ適材適所。

あなたにどのような治療法が可能か、お調べいたします。

美味しいお食事が楽しくできますように。

[天然の歯でないことを忘れ美味しく食べられます]  インプラント



歯が無いまま、もしくは歯がすごく悪いままで、日々のお食事が憂鬱に感じてしまっておられないでしょうか?

こんな思い出はございませんか?


子どもの頃、箱一杯のリンゴが田舎から届いた。

箱を開けたとたんに、さわやかな甘い香りがしてきた。

中には葉がついたままの、まさに採れたてのものもある!


かじりつくの、最高の楽しみでしたよね。



インプラントで失った歯を取り戻し、しっかりと咬めるようになった時の美味しいお食事には、家族の楽しい団らんと明日への活力が生まれます。


今日の晩御飯はなんだろうな?家族で囲む団らんの場である夕食が楽しみで思わず想像して笑みがこぼれます。

そうした思いを、取り戻しましょう!



そこがインプラントの歯であることを忘れてしまうような使用感の良さが最大のメリット。

まずは状態の検査を。お調べすることで現状分析と、治療方法のご提案をいたします。

いつでも、どんな状態でも、ご相談ください。最良の治療法を一緒に見つけましょう。



◎世の中には様々なインプラントがありますが、インプラント治療に絶対必要な3要素◎


1、信頼性のある高品質のインプラント素材の使用

2、高度な技術・知識・経験

3、精度の高いオペをするためのしっかりした分析



1、信頼性のある高品質のインプラント素材の使用について


当院では、開院以来、世界最高峰のストローマン社(スイス)の高品質・信頼性に富むインプラント素材以外は使用しておりません。


2、高度な技術・知識・経験について


2002年、米国ハーバード大学に渡り、インプラントの世界的権威Dr.Weberより学んできた知識・技術をご提供いたします。



















3、精度の高いオペをするためのしっかりした分析について


当院では、ストローマンガイドシステムという分析に基づいたガイドサージェリーオペレーションという方式のもと、精密なインプラント処置をおこなっております。


こうしたコンピューター3D分析のもと、精密で安全な処置をおこなっております。

実際の映像 ⇓

非常に複雑なケースでも対応しております。


他院で、不可と診断されたかたも是非ご相談ください。




[異物感の少ないものを取り揃えています]  入れ歯

歯を失った後、そのままにしておくと身体のバランスの不調や脳への血流の低下など全身への多くの悪影響へとつながります。


歯を入れてシッカリ咬める状態を取り戻すことをおすすめしています。


入れ歯を避ける一番の理由は異物感だと思います。

当院ではバネの無いものやうすくても丈夫で異物感の少ないものを多数ご用意しております。


美味しいお食事が楽しくできますよう、ご提案いたします。


費用は歯の状態により設計が変わりますので状況によって異なります。ご相談ください。


[現役選手の歯科医師が作る] 格闘技用・コンタクトスポーツ用マウスピース

マウスピースで重要なのは装着感と噛み合わせ。

現在も現役でファイターをしている当院院長が、自身の実体験のもと研究開発し作製しています。

特に使用時の呼吸のしやすさでその良さを実感していただけると思います。

また、咬み合わせの安定感が身体の潜在力を引き出します。

いろいろなタイプが作れますのでご相談ください。

[可能性は無限大だ]  競技用マウスピース

コンタクトスポーツ以外のすべてのスポーツやトレーニング時に対応するものを私が研究開発しました。

マウスピースは歯が折れたりするのを防ぐためだけのものではありません。

装着により、体幹の安定による筋出力アップや全身のケガの予防、また脳への血流アップによる集中力アップ効果など、様々なメリットをもたらすため使用をおすすめしています。

日本はまだまだこうした分野に関して考え方が遅れていますが、近年のスポーツ医学の理論においてもその必要性は非常に大きいです。

すべてのスポーツ向けにいろいろなご意向を盛り込んだものができますのでご相談ください。

マウスピースは世界最高性能機器で製作を!

マウスピース製作の世界最高性能機器エルコプレスCIモーションを導入しております。

精密性が抜群です。

顎関節症

まず何によってそれが生じているのか、その原因を究明し改善することが第一です。


顎関節そのものの治療は、就寝時のマウスピース着用という治療が一般的ですが、当院ではインディバアクティブというスペインのハイスペックな温熱治療器を導入し、顎関節周辺の組織や筋肉の状態を細胞レベルから改善して治しています。


周辺組織の血流を良くするということが最重要なのですが、顎関節周辺の筋肉には翼突筋といった頭骸骨の中にあるものもあり、マッサージや鍼灸では届きません。

しかしインディバアクティブはそうした徒手では及ばない部分までしっかりと効果を出すことができます。


お気軽にご相談ください。

費用:50分1万円(税別)を1タームで時間はご要望に応じます。(要予約)

歯ぎしり・噛みしめ・くいしばり

こちらも就寝時のマウスピース着用という治療が古くから一般的ですが、直接周辺の血行を促し関連筋肉の張りをほぐしてあげることが直接の改善につながるため重要です。


歯ぎしり・噛みしめ・食いしばりは主に咬筋と側頭筋が関与するため、こちらも顎関節症の治療同様、先にご案内いたしましたインディバアクティブによる施術が効果絶大です。併設のHPでも詳しくご説明しておりますのでぜひご覧ください。


そもそもそれらは自然な生理的現象なのですが、重症化するとお身体に様々な悪影響を及ぼします。

お困りの方ぜひご相談ください。

片頭痛・肩こり

片頭痛・肩こりは様々な原因で生じますが、とりわけ歯科領域によるものの原因で多いのが、噛み合わせの不調によるものです。ずれた顎でものを噛み続けると、咬筋・側頭筋といった咀嚼筋群に負担がかかりそれらは過緊張の状態になります。それが側頭部を走る三叉神経を刺激すると片頭痛は生じます。


その過緊張が肩周りの筋群に波及した場合は、肩こりを引き起こし、血行不良を引き起こしていくため、慢性的な肩こりが生じます。


そしてそれらは脊柱の変化を起こし、姿勢にゆがみを引き起こしていきます。

早期に改善すべきです。


以上のような場合、噛み合わせの改善の治療と、インディバアクティブによる筋肉の張りを改善する治療が効果的です。

(雑学 自宅でできる肩こり改善法)

なぜ肩周辺の張りや凝りが生じているか、その原因を除去るることが必要不可欠ですが、肩甲骨の簡単な運動や僧帽筋のストレッチだけでも周辺の血流が良くなり張りや凝りの緩和が見込めます。ぜひおこなってみてください。

口内炎

口内炎でお悩みの方は多いと思います。

口内炎は内服薬による治療が即効性があり効果的。

外用薬(軟膏)の塗布が治療として多く用いられていますが、その欠乏栄養素であるビタミンB群を摂取することが一番の早道で合理的。

しかしただビタミンBを漠然と摂取すればよいというわけではなく、ある医学的な見地に基づき摂取するとその効果は絶大になります。

口内炎でお困りの方、ぜひご相談ください


口腔内乾燥症

お口の中を潤わせているのは唾液ですが、唾液量の低下には様々な原因があります。

その原因に基づき、それを改善する治療が必要です。

専用の口腔内乾燥検査機器でお口の乾燥具合いを数値で評価します。

お困りの方ぜひご相談ください。

顔面神経麻痺(末梢性)

なんらかの原因で顔面神経の麻痺が生じると、顔面の筋肉の活動が停止します。

それにより、唇を完全に閉じられずに食べ物や水が口からこぼれ落ちる、まぶたが開かない閉じない、味覚に異常が現れるなど麻痺の程度に応じた症状が現れます。


専門医の方では初期治療としてステロイド剤や抗ウィルス剤などの薬物療法がおこなわれると思いますが、歯科領域からの回復のきっかけとなるアプローチとしてインディバアクティブを用いた施術を当院ではおこなっています。


お困りの方ぜひご相談ください。